×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

小顔 ダイエット

サイトマップ

小顔にだってなれちゃうダイエット法

太っているのを気にしている人の中には、むくみがある人も多いようです。むくみから、顔が腫れぼったいような、たるんでいるような感じになる人もいます。そのために、実際よりも顔が大きく見えることもあります。


意思が弱くてもキレイに痩せるダイエットを実践するとむくみを解消してくれるので、顔の腫れぼったさをなくしてスッキリと小顔になることができます。

代謝を良くするダイエットなので、血液やリンパの流れなども良くなり、むくみも解消するのでしょう。身体中のむくみを解消してくれるので、顔だけでなく、足など気になる部分のむくみも取れていきます。


>>意思が弱くてもキレイに痩せるダイエット

意思が弱くてもキレイに痩せるダイエットを始めると、むくみがとれるだけでなく、体調が良くなっていることに気が付きます。それは、このダイエットが単にカロリーを消費させるだけでなく、本当に身体のことをよく知った上で考えられているダイエット法だからです。

身体に余計な負担をかけずに、逆に健康になれるダイエットです。ダイエットで体調を崩したことがあるという人にも安心してすすめられます。

>>意思が弱くてもキレイに痩せるダイエット

小顔ダイエットのポイント

小顔ダイエットは顔を小さくする目的で行うダイエットですが、どんなダイエット手法で小顔ダイエットを行えば良いのでしょうか。

人てんでに顔の大きさも違いますし、なぜ顔が大きいのか、顔が大きく見えてしまうのか、それらの事情も違います。小顔になる手法は、食生活や環境でむくみが出ている人と、生まれつき顔の肉がそういう形状になっている人とで同じはずがありません。

小顔になるためには、現在の顔の大きさはどういった事情なのか、まずきちんと理解しましょう。皮膚や肉、脂肪、水分、ポイントの各部を意識して顔を触ってみます。上手に小顔ダイエットを達成するためには、顔の皮膚や肉や水分に上手く働きかけてシェイプアップさせることが大事です。

自身の顔の状態をよく知れば、小顔ダイエットを完遂させることが可能です。また、引き締まったキュートな小顔になると同時に、美肌ケアを施すことによって、ハリのあるすべすべお肌を獲得したいものでしょう。

小顔体操

小顔体操をいくつか紹介します。小顔体操には何種類もあるので、自分に合ったやりやすい小顔体操を試してください。まずは、人気テレビ番組「おネエMANS」で紹介されたmicacoさんの小顔体操です。下唇を上唇の上に重ねて、口角をきゅっとあげます。これのみでかなりキツいかもしれません。鎖骨(意外と簡単に折れてしまうこともあるんだとか。

特に年配の方は注意した方がいいかもしれませんね)の上あたりに両手を重ね、下の方に引く感じにします。両手で下方向への力を加えつつ、顎を上下に20回くらい振りましょう。最後のシメに、顎を上にした状態で、舌を思い切り突き出します。15秒から20秒くらい、舌を突き出した状態でキープです。やってみると、普段、使っていない筋肉が総動員されるので、かなりキツいと思います。目をぎゅっと閉じて、ぱっと見開くのを繰り返すという小顔体操ならトイレなどでも手軽にできますし、眠気覚ましにもなるでしょう。

口を大きく動かして、「あいうえお」をいうのも簡単ですが効果が高い小顔体操(リズムや音楽などに合わせて、色々なポーズをとる運動をいいます)です。小顔体操には、顔以外をうごかす体操もあります。首を大きくのんびりと回す、両肩を大きくすくめ、すとんと落とすなどの体操も、小顔になる効果が期待でき、ついでに、肩こり解消の効果もあるので、一石二鳥です。

日頃使わない表情筋を鍛えることと、歪みをただしい位置に矯正することが小顔体操(日本で一番有名なのはラジオ体操でしょう。真剣に毎日やると健康の維持に役立つそうですよ)の基本中の基本です。つらかったり痛かったりするかもしれませんが、毎日、五分でもいいから継続してみてください。小顔体操(日本人にとっては、ラジオ体操が最もなじみの深い体操ですね)の効果が出るのは、早くても二週間後です。

小顔の体操

小顔になりますのでに、自宅でもすぐにでも出来る小顔の体操を行うことは大切なのですが、最初の段階では日常でも小顔になることが出来ます。


両方の歯でバランスよくかむことによって、顎の筋肉が使われますので、二重あごを解消したり、顔のたるみを減らすなどの効果があるからです。昔から、食事はよくかんで時間を掛けていただきましょう!と言われませんでしたか?

満腹中枢を刺激するので、全身のダイエットの手法としても、これは大事ですね。小顔体操(それほど運動量が多くないような気がしますが、真剣にやるとけっこう大変です。継続することで健康維持に役立つでしょう)は声を出して、『あいうえお』を発します。但し、その都度、最大限に口を大きく開くと同時にリップを出来るだけ前に突き出し、顔が外に引っ張られるつもりで。一音ごと、10から15秒の時間をかけて、ゆっくり発声して下さい。この小顔の体操で顔の表情筋が引き締められ、あごのたるみの改善と顔のダイエット・シィプアップに効果があります。

小顔の体操(ムリをせず、正しいフォームを意識して、毎日コツコツやることが大切です)は、こんなやり方もありますね。まず右の口角を上げて、右目を閉じ、始めのうちは5秒間停止して下さい。そして元の顔に戻して、またそこで5秒間動かないこと。反対側も同じように行いますが、この小顔の体操(ナントカ体操がブームになることが多いですね。すぐに廃れてしまいますが)は1日5回で十分です。

ですが、この小顔の体操は必ず鏡の前で、自分自身の顔を見ながらやって下さい。すべての運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)に言えることですが、動かすところに自分の意識を集中させる事が効果を挙げるためには大事なことだからです。足やせエステの方法

「小顔にだってなれちゃうダイエット法」について

ダイエットで小顔になるのに憧れありますね。むくみが取れ、小顔になれるダイエット法が意思が弱くてもキレイに痩せるダイエットと口コミで評判です。

Copyright © 小顔にだってなれちゃうダイエット法. All rights reserved
amexプラチナカードペットボトル症候群テニスシューズの選び方ポーターのペア小銭入れ